学校案内

教育の理念

自らの力で
問題を解決し、
その先へ進む子に。

まもなく人生100年の時代が確実にやってきます。その長い人生を歩んでいく過程において、人はさまざまな問題にぶつかります。小学校時代は、そうした問題を解決する能力を身につけ、さらには創造力を高めて新たな課題へと発展させていく力を養う大切な時期です。日々の、人に頼らず自分の力で問題を解決できたという充実感、新しいことを知るわくわく感などの積み重ねが、子どもたちの未来につながるものと考えています。

小学校教育に必要なことは何かを考えたとき、学習を通して知識を習得することはいうまでもありませんが、その知識が「知恵」として生かされなければ役に立ちません。昭和小学校では、教科の枠を超えて一つの課題を探求する「総合学習」が創立以来65年間続けられています。また、小学校からのグローバルマインドの育成を大切にし、世界への関心と英語学習意欲を育む環境を整えています。さらに、6年間で24泊の宿泊行事では、友達と寝食をともにしながら「こころ」を養い、毎日の学校生活では、課外活動や遊びのなかで「からだ」を鍛えることを大切にしています。

子どもたちが、一人ひとり、自身のなかに光るものを見いだすと同時に、友だちの光を尊重し、ともに輝ける人間に育っていけるような教育を実践しています。

柴田 芳明

昭和女子大学附属
昭和小学校 校長

柴田 芳明

ページトップへ戻る