学校案内

教育の理念

20年後にも活かせる
「能力」を目指した教育を

小学校時代は人としての基礎をつくる大切な時期です。くり返しのきかないたった一度しかない時期です。一生の土台となるべきこの時期に、未来の幸福のためにどのような力を子どもたちにつけてやるべきか、私たち大人は誰もが真剣に、そして深刻に探究する必要があります。

子どもたちの能力を高めることが、教育が目指していることの原点です。
しかし、そもそも能力とはなにかという基本的な問題があります。学習成績も能力の一部ですが、そのすべてではありません。能力とはひとつの問題を解決する力であり、新たな世界を開発する力です。

小学校においては、体力と知力、創造力と実行力、そして精神力の五つの力を、能力の重要な要素として取り上げる必要があります。児童がこの五つの力を身につけ、各自が20年後の生活にも、それらを十分に活かせることを目指して、昭和小学校の教育は行われています。

小泉 清裕

昭和女子大学附属
昭和小学校 校長

小泉 清裕

ページトップへ戻る