学校通信

2年生

2022年06月18日

算数 長さ

長さの学習で、ジャンケンレースをして長さ比べをしました。

二人でジャンケンをして、グーで勝ったら赤いテープ、チョキで勝ったら黄色いテープ、パーで勝ったら青いテープをつなげていきます。

「ジャンケンで私の方が負けていたのに、テープの長さを比べてみたら勝ててうれしかった」「同じ数ずつ勝ったのに、長さ比べでは負けちゃった」「長くつなげたくてパーばかり出していたら、負けちゃった」

ジャンケンで勝つか、長さ比べで勝つか、いろいろなかけひきがありました。

どちらのテープが長いか、いろいろな方法を考える場面では、はしをそろえたり、ひもを使ってしるしをつけて比べたり、持っている定規を出して長さを測り始めたりしていました。

そのうち、一番短い赤いテープ二つ分が黄色いテープ一つ分の長さと同じであることや、赤いテープ三つ分が青いテープ一つ分の長さと同じであることに気づき、はしをそろえなくても、赤いテープをもとにして、赤いテープの何個分あるかを考えれば、テープを動かさなくても、長さを比べられることがわかり、みんなに解説をしてくれた人がいました。

「これなら、オンラインでもジャンケンレースをして長さ比べをすることができるね!」と納得していました。

低学年の算数では、ブロックや具体物を使っての操作活動を大切にしています。

子どもたちの「?」(なぜ?どうして?) が、「!」(なるほど! 納得! ) になる楽しい算数の学習を心がけています。

黄色いテープは、赤いテープ二つ分と同じ長さです。

青いテープは、黄色いテープと赤いテープをつなげた長さと同じ長さです。

 

 

 

Follow Us!

昭和小学校の日々を発信中!

ページトップへ戻る