学校通信

1年生

2021年11月13日

昭和っ子の研究 コイの稚魚の持ち帰り

家でコイの稚魚を飼育観察することができる人に、コイの稚魚をプレゼントしました。

昭和之泉のコイをいつも管理してくださっている方が、コイの稚魚を酸素を入れた袋に詰めて、家まで持ち帰れるようにと一匹一匹丁寧に準備をしてくださいました。

コイの稚魚を見るなり、「わあ、かわいい」「きれいな模様」と1年生は大喜び!

家に持って帰れない人も、記念にとiPadでコイの稚魚の写真を何枚も撮っていました。

コイを持って帰ることが決まった人は、「私のコイだ」「ぼくのコイだ」「大切に育てます」と、とてもうれしそうに持ち帰っていきました。

早速「コイのコイちゃん」や「キング」「プリンセス」など名前をつけて、家でお世話を始めたようです。

学校でみんなで飼育しているコイも、家で飼育を始めたコイも、日々成長している昭和っ子のみなさんとともに、元気にすくすくと成長してほしいです。

Follow Us!

昭和小学校の日々を発信中!

ページトップへ戻る