学校通信

1年生

2021年10月16日

国語大会

国語大会がありました。

オリンピックやパラリンピックで思い出すものをひらがなやかたかなでiPadを使って書き、みんなでどんなことを書いたか共有しました。

種目や選手、国の名前、競技場の名前など、ひらがなで書くもの、かたかなで書くものをきちんと使い分けて書くことができました。

コロナ禍の中、行われたオリンピックとパラリンピックでしたが、たくさんの勇気や感動を選手やサポートする人々の姿から感じとることができましたね。

失敗しても果敢に難しい技に挑戦し続けた日本のスケボー選手を称え、各国のスケボーの選手たちが競技後に駆け寄って抱きかかえたシーンや、金メダルを取れずに銅メダルにとどまってしまった体操選手が選手村に帰るなり、すぐに練習を開始したエピソードや、選手たちがこぼしたたくさんの嬉し涙や悔し涙に感動したことを思い出して、いろいろとお話ししてくれました。

第二代人見楠郎校長先生は、「昭和学園からいつかオリンピック選手が出て、金メダルをとってほしい」と常々おっしゃっていました。

近い将来、人見先生の夢、願いを叶えられる日がくるといいと思います。

Follow Us!

昭和小学校の日々を発信中!

ページトップへ戻る