学校通信

1年生

2021年09月11日

コイの稚魚

9月から、1年生みんなでコイの稚魚を飼育観察するため、いつも昭和之泉を管理してくださっている方に、コイの稚魚を水槽に移しかえていただきました。

大・中・小の水槽にコイをそれぞれ5匹ずつ入れ、成長の様子を継続観察していきます。

昭和之泉には、70~80cmほどの大きなコイが悠々と泳いでいますが、稚魚は、飼育される環境の広さに応じて成長を変えるそうです。

昭和之泉にいるコイの稚魚と、教室のそばに移動したコイの稚魚が、これからどのように成長していくのか、みんなで毎日観察を続けていきましょう。

昭和之泉から初等部の校舎まで、コイの稚魚を運ぶときに、「どこへ連れて行くの?」「私たちどうなるの?」とびっくりして、水槽から飛び出してしまうほど勢いよく跳ねて驚いていた稚魚たちですが、2、3日経つとようやく落ち着いて、今では昭和っ子のみなさんと元気に会えることを楽しみにしているようです。

毎日お世話をして、かわいがってあげましょうね。

 

 

ページトップへ戻る