学校通信

1年生

2021年07月20日

すてきな夏休みを

夏休み前の最後の登校日は、1年生全員そろって元気に登校することができました。

学校生活にも慣れ、仲の良い友だち、知り合いのお兄様やお姉様が増え、守衛さんを始め、学校をいつでも清潔に保ち、安全で快適に過ごせるように管理してくださっているたくさんの方々のおかげで、今日まで安心して楽しい学校生活を送ることができました。

私たちの生活をいつも支えてくださっているいろいろな方々に感謝しながら、夏休み前の最後の1日を過ごしました。

昭和の子どもとして初めて正門をくぐった入学式の日、理事長先生は、「毎日少しずつ、これができるようになった、これがわかるようになったということを積み重ねていきましょう。そして、毎日小学校に来るのがうれしいな、楽しいなと思える学校生活を送りましょう。」とお話ししてくださいましたが、覚えていますか。

小学生として、いつでもどこでも気持ちの良い挨拶や返事ができるようになりましたね。

姿勢正しくきちんと席に座って先生やお友達の話をしっかりと聞くこともできるようになりました。

自分の思っていること、考えていることを相手にしっかりと伝えられるようになることは、今年度の目標でもあり、まだまだ努力中であり、修行中でもありますね。

本をたくさん読むことはできましたか。

誰にでも優しく親切に接し、相手の気持ちを思いやることのできる心の優しい子どもにはなれたでしょうか。

クラス会の時間には、みんなでこれまでにできるようになったいろいろなことを振り返りました。

みんながいてくれたから、みんなと一緒だったから、たくさんのことを学び、思い、感じ取ることができたのでしたね。

いつもそばにいて、力をかしてくれた友だちにも感謝しました。

みなさんにとっては、小学生になって初めての長い夏休みを迎えます。

健康には十分気をつけて、長い夏休みだからこそできるいろいろなことに挑戦してみてくださいね。

家族の皆様と明るく楽しく元気な夏休みをお過ごしください。

ページトップへ戻る