学校通信

6年生

2020年03月09日

最後の登校日

2月28日は、最後の登校日でした。

朝から、声をかけあって、みんなで富士登山マラソンをしっかり走っていた人たちがたくさんいました。

お昼は、気の合う仲間たちと楽しくお弁当を食べました。

お昼の放送は、下級生のために放送委員会の6年生が最後の放送を行いました。

お誕生日の紹介は、2月28日生まれの人だけでなく、3月生まれの人まで全員の紹介をし、歌を歌ってお祝いしました。

下級生へのメッセージとともに、「仰げば尊し」「旅立ちの日に」の歌の曲を流し、いつも以上に心のこもった放送でした。

「次回の放送をお楽しみに」という6年生からの最後の言葉を受けて、5年生のクラスを始め、きちんと聞いていた下級生のクラスでは、放送が終了するとともに、拍手をしてくれたそうです。

急な放送担当だったにもかかわらず、自分たちで協力して、落ち着いて中味の濃い放送ができてとても立派でした。

最後の登校日だったため、教室の荷物の整理整頓も、教室清掃も、物品の回収も一人ひとりが、自分がクラスのためにできることをすすんでてきぱきと行い、時間を有効に使うことができました。

急な対応にも、冷静に落ち着いて行動できたみなさんの姿がとても頼もしかったです。

みんな仲良く助け合い、思いやりの心が育っていることをうれしく思いました。

            

 

 

 

ページトップへ戻る