学校通信

6年生

2019年12月13日

もちつき

もちつきを行いました。

朝礼のときに、校長先生が、昭和のもちつきの始まりのことや、ボロ市で買ってきた伝統の臼や杵のお話、また、側面に書かれた短歌「喜びをここに分かちて今日もまた 我が学び舎は楽しかりけり」のこと、先輩方が昔は、それぞれの家からお米を持ち寄って、もちつきをしていたことなど興味深いお話をたくさんしてくださいました。

五穀豊穣に感謝し、今年は災害の多い年でしたが、今、こうして元気に生活できていることへの感謝、来年が良い年でありますようにとの願いを込めて、みんなで「もちつき」をしました。

途中、ブリティッシュスクールの4年生が見学に来たり、1年生が興味津々で6年生の様子を窓際から見学したりしていました。

もちをつく人、お雑煮の準備をする人、みんなそれぞれ手際よく作業をしていました。

同じ材料で作ったのに、それぞれ3クラスとも味つけや風味が違って、クラスの味になっていて、おもしろかったです。

何杯もおかわりをしている人がいました。

寒い日でしたが、お腹も心も満たされましたね。

片付けも、みんなで協力しててきぱき行っていて、立派でした。

よい1年のしめくくりができ、よい年をお迎えできそうです。

ページトップへ戻る