学校通信

6年生

2019年12月12日

算数大会

算数大会がありました。

今回は、「ジャマイカ」で計算ゲームをして遊びました。

ジャマイカの出た目の黒いサイコロの合計数になるように、白いサイコロの数を足したり、引いたり、かけたり、割ったりして、計算するゲームです。

何種類の計算を見つけられるか、頭の中で、+、−、×、÷をとびかわせて、正しい計算を作る速さを競いました。

見つけられたら大きな声で「ジャマイカ」と言います。

出た目によって、すぐに「ジャマイカ」と声が聞こえるときもあれば、なかなか「ジャマイカ」の声が上がらず、苦戦しているときもありました。

ゲームをしながら、ひらめき力と計算力を身につけることができ、みんな夢中になって取り組んでいました。

算数大会が終わった後も、休み時間に積極的に遊んでいた人がいました。

楽しい算数大会でした。

ページトップへ戻る