学校通信

6年生

2019年11月23日

3・6年生 田園学寮 2日目

大自然の中にある田園学寮(東明学林)で、3年生も6年生もお互いに助け合い、支え合い、声をかけ合いながら、たくさんの経験を積むことができました。

食堂に掲げてある「無尽蔵」(尽きることのない財宝を入れた蔵)の言葉通り、田園学寮生活の中で、たくさんの宝物を見つけることができたようです。

お互いの良いところや素敵なところを見つけること、約束や時間を守ること、話をしっかり聞くこと、3年生は、お兄さん、お姉さんの言うことをよくきくこと、6年生は、弟、妹たちが安心して笑顔で生活できるように気を配ること、みんなの健康のために用意された食事を感謝しておいしくいただくことなど、どれもとても大切なことであり、共同生活を通してこそ身につけられるものばかりです。

宿泊行事を通して、一人ひとりが本当にたくさんのことを学んだことでしょう。

予定通りに物事が進まないとき、予期せぬ事態に遭遇したとき、今年度の目標である「自分で考え行動します」を身をもってあらわせていた人たちがたくさんいました。

広い心で人と接することができていた人たちもたくさんいました。

楽しいときは笑顔が生まれ、苦しいときには心が成長します。

これからも、学寮生活で得た、たくさんの宝物を胸に、3、6年生の交流を学校生活でも深めていけるといいですね。

 

 

 

ページトップへ戻る