学校通信

6年生

2019年07月18日

音楽 学年

修学旅行で歌う歌を学年みんなで録音しました。

登山の気持ちを奮い立たせる元気なリズムの「ニセコの山」、北の大地を色鮮やかにうたった「思い出の色」。

対照的な曲ではありますが、どちらの曲も、味わい深い昭和オリジナルの曲で素敵です。

ピアニストのフジ子ヘミングさんは、「どういう音でわたしらしく弾くか…」という一音一音の音色にとてもこだわった演奏家です。

テクニックでピアノを弾くのではなく、その時の気持ちを大事にして、音の一つひとつに色をつけていくように弾く演奏が印象的です。

6年生も一人ひとりの修学旅行への思いを色にして、歌い終わったときに、一つの素晴らしい絵が完成するかのように、ピアノの伴奏やみんなの歌声をお互いによく聴き合いながら歌いました。

北海道でも、大自然に抱かれながら、みんなで歌うのが楽しみになりましたね。

(こども園の園児のみなさんが、園庭でスイカ割りをしていました。)

 

ページトップへ戻る