学内通信

5年生

2019年02月09日

昭和っ子の研究 報告会

「昭和っ子の研究」報告会がありました。

5年生にとっては、今回の報告会がグリーンホールで行う最後の舞台発表でした。

学年全員が出席して舞台に立てたこと、そして、立派に発表できたことが何よりうれしかったです。

「日本」という学年テーマのもと、1組は「日本を結ぶ」、2組は「消えた文房具を探せ」、3組は「奥深い日本」という題名で研究発表をしました。

研究を通して、日本人が昔から大切にしてきた人と人とのつながり、心、考え方、技術、先人の思い、精神など、私たちが忘れてはいけないこと、未来へと受け継いでいかなければならない大事なことをたくさん学ぶことができました。

舞台発表に向けて、たった一瞬の瞬間のために、心を込めて書いた文字、描いた絵、大道具、小道具など、たくさんの時間を費やして準備してきましたね。

一人ひとりが得意分野を発揮し、一人ひとりが主役として適材適所で活躍した舞台発表でした。

自信を持って、一生懸命に発表している姿が輝いていましたよ。

みんなで作り上げた喜び、味わった達成感をいつまでも大切に忘れずにいましょう。

そして、これまで5年間の研究を通して学んだこと、様々な実体験を通して感じたこと、考えたことを、今後は実践していくようにしましょう。

保護者の皆様からも、お褒めの言葉や労いの言葉、子どもの成長に感謝する言葉をたくさんいただきました。

保護者の皆様、昭和っ子の研究に際し、多岐にわたり、様々な場面でご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る