学内通信

5年生

2018年10月23日

道徳 校長先生

校長先生の道徳がありました。

校長先生が、中高部の校訓である「清き気品」「篤き至誠」「高き識見」を教えてくださったり、学園目標である「世の光となろう」をみんなで改めて確認したりしました。

「至誠」という言葉は、吉田松陰が述べた言葉であることも教えてくださいました。

吉田松陰は、「至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざるなり」という名言を残しています。これは、「誠の心を持って尽くせば、動かなかった人など今まで誰もいない」という意味です。

吉田松陰は、松下村塾で、身分や立場など関係なく、多くの人に学びの機会を与え、世のため人のために尽くしました。そして、学ぶこと、自らを磨くこと、それを願えば、いつでもどこでも学ぶことができ、自分を磨くことができると説きました。

私たちも、誠の心を大切にしましょう。

グリーンホールの横に、「誠」と書かれた石碑があります。

今度みんなで、確認しましょう。

 

 

ページトップへ戻る