お知らせ

2021年12月13日

クラウドファンディング「アマクロ守ろうプロジェクト」始動

2021年12月13日(月)14:00スタート

4年2組のこどもたちが、奄美大島の固有種で、絶滅危惧種に指定されている「アマミノクロウサギ」を絶滅危機から守るためにプロジェクトを立ち上げました。

 

なぜこのプロジェクトを始めたのか

本校が、長年、積極的に進めてきた総合学習「昭和っ子の研究」
4年2組は「自然の保護活動」をテーマに探究することにしました。

4月には
アマミノクロウサギの保護活動に携わっている山田文雄沖縄大学客員教授のオンライン授業と7月26日の奄美大島の世界自然遺産の登録が、子どもたちの「アマミノクロウサギの保護」に興味関心を広げて、学級全員一致で「アマミノクロウサギの保護」を探究することにしました。

アマミノクロウサギの絶滅の要因を調べて
交通事故、野生動物や犬や猫などの獣害、観光客による環境被害、森林伐採などの影響があることがわかりました。

そこで、奄美大島自然保護協議会にご相談し、1000枚の「アマクロ守ろうエコバック」を作り、奄美大島の子どもたちなどに使ってもらい、保護活動への関心がさらに高まることを目指します。

また、このプロジェクトを進めることで、日本中の子どもたちにもこのことに注目してもらうきっかけになればいいと思います。

 

なぜクラウドファンディングなのか

エコバックの製作には資金が必要です。
子どもたちからは、「募金集めをしよう」、「クラウドファンディングで集めよう」など複数のアイディアが出ました。みんなで議論した結果、「クラウドファンディングで集めよう」という結論になりました。

クラウドファンディングをやるにはいろいろなハードルを乗り越える必要がありましたが、経験した学校や、READYFORの取り組みなどを調べ、アドバイスをもらって、実施にこぎつけました。

12月13日(月)から、制作費調達のためのクラウドファンディング「アマクロ守ろうプロジェクト」を開始します。

ご協力くだされば、ありがたいです。

https://readyfor.jp/projects/77530

 

 

Follow Us!

昭和小学校の日々を発信中!

ページトップへ戻る