進路

細やかな指導のもと希望した中学校に進学

昭和中学校への進学

卒業後の進路については、保護者と児童との話し合いに基づき、個別の指導を実施して、それぞれが希望した中学校に進学しています。女子の75%は併設の中学校・高等学校に進学しています。内部進学には推薦制度が用意され、学校長の推薦で進学ができます。

外部の中学校への進学

低・中学年で基礎を学び、学習することのよろこびを獲得していますので、それを基に高学年では、自分の目的に合ったより高い学びができるよう綿密な個別指導が、放課後や長期休暇を中心に展開されます。男子は全員外部の中学校に進学します。また、外部の中学校に進学する女子も含め、学校と家庭との緻密な連携と長年の情報の蓄積から、子どもの個性に応じた進路が見出されています。


ページの先頭へ